自己破産体験談

自己破産体験談

自己破産体験談 ※投稿していただいた体験談

こちらのカテゴリーは、私以外の方が書いた「自己破産の体験談」です。
自己破産をした人でなければわからないことがたくさんあります。
自己破産を検討されている方は目を通しておきましょう。

 

ただ今自己破産申請中のシングルマザー

私は2人の子供を持つシングルマザーです。
結婚してた時に旦那と義母に車の名義を貸してしまい、離婚した後は支払ってもらえなくなった為、一括請求で約170万円の督促状が来ました。
そんな大金払える訳もなく自己破産の申請を出しました。
離婚するとは思っていなかったとはいえ、他人に名義を貸すことがどんなに恐ろしいものか、自分の無知さに反省しています。
今まで人を信用しやすいところがありましたが、疑うよりは人を信じて生きた方がいいと思ってきました。
しかし、この件で家族以外は信用出来なくなりました。
テレビで保証人になって苦労した人を人ごとのように見てたのに、私も今同じ立場になっています。
自己破産の申請をして確定するまで半年くらいと言われていますが、私は義母の車をローン会社に持って行ってもらうのに時間がかかりました。
まず、離婚して義母の連絡先がわからなくなっていてなかなか車を返してもらえませんでした。
誰かに車を売ってしまったのかなどいろいろ考えましたが、ローン会社が裁判を起こすと聞いて弁護士さんに義母から連絡が来たそうです。
その間に、その車の税金は私に届くので、運転したことない車の税金を約10万円払いました。本当に無駄なお金だと思います。
そして、自己破産の手続きが進み今は家計簿をつけて裁判所から連絡が来るのを待っているところです。
ローン会社の方達には大変申し訳ないことをしたと思いますが、子供を育てていくためには自己破産を選びました。
今後このようなことは2度としません。
子供と一緒にしっかり生きていきたいと思います。

 

先日自己破産しました。債務残高は約1000万円

先日自己破産しました。
債務残高は約1000万円ほどです。
自己破産に関しては知り合いの親戚から弁護士を紹介されて相談に行き、そこで現在残っている債務残高の集計を行いました。
最初に弁護士事務所を訪れたときに、弁護士から事前に言われた債務に関する書類などをもって向かいました。
弁護士事務所で借金を調べてもらった結果、借金に関しては貸金業者や大手銀行ローンを含めて500万円ほどあったのですが、利子などが膨らみ債務残高は1000万円ほどになっていました。
自己破産の手続きをほとんど民事の弁護士に頼み、その費用は50万円ほどでしたね。
弁護士の方からいただいたお話によるとこの先しばらくはローンなどの借り入れは行えないとのことなので、今後住宅ローンなどは組めないと思います。
今回自己破産に至った経緯ですが、仕事が途中でなくなるような業界にいながらも生活費が必要なので一回の借り入れで50万円ほどの借入金を行っていたのですが、年で300万円くらい借入金額が到達していました。
また借り入れ業者も5社ほどになっており、中には闇金融も含まれていて違法な金利も含まれていました。
結局のところ返済に行き詰ってしまったので自己破産に至りました。

 

自営業の叔父が過剰な設備投資で自己破産

身内に自己破産した人がいます。叔父にあたる人です。自己破産して親族の中でも冷たい目で見られています。経済的な問題は誰にも相談できずに抱え込んでしまいがちです。叔父もそうでした。
叔父は自営業を営んでおりました。代々事業を引き継いできたのですが、叔父の代で経営が苦しくなり、結局借金を重ねて自己破産しました。自己破産する前までは仕事に必要な高額な機械を何台も購入しいました。それを見て設備投資が過ぎるのではないかと心配した親戚が何度か言葉をかけていたのですが、それに耳を傾けることなく事業を進めていました。その後、親戚の心配は的中してしまいました。過剰な設備投資が影響して借金が増えてしまい、経営がうまくいかなくなってしまっていたのです。
叔父は親戚中から借金をしてなんとかやりくりをしていましたが、それもうまくいくことはありませんでした。そのうちに信用もなくなり、他にお金を借りる当てもなくなり結果として自己破産に追い込まれてしまいました。
親戚の助言を早くから聞きいれていれば違った結果になっていたかもしれません。今となってはそれを想像したところで意味のないことです。ただ、少なくとも親戚の信頼を損ねることはなかったかもしれないと思うと、自己破産とはいったい何なのかと考えさせられます。経済的にリセットをすることができたのかもしれませんが、損なわれた信頼をリセットすることはすぐにはできません。これからの叔父の振る舞いにかかっているのだと思います。

 

車・パソコン・TV等殆ど持っていかれました

はじめまして、今から11年前に「自己破産」してしまいました。
きっかけは、第一に給料が安くて家賃や食費・光熱費と毎月支払いをしていましたが、払い終わると交際費が殆ど残らない状態で毎月の生活が苦になっていました。
キャッシングなんて借りたことも無かったけど「少しなら借りてみよう」と思い、某○○店へ行きました。
愛想の良い感じで気軽に話が出来、最初に30万貸していただけました。
毎月の返済は5000円でしたので、これなら払いも出来るかもって思い等々返済地獄に陥ってしまいました。
数か月した頃にその某○○店の女性の方からTELがあり、今なら50万まで借り入れの増額が出来ますがいかがですか?と
言われ自分自身30万も50万も返済は5000円だし増額をしてしまいました。
しかし、お金があると気持ちも大きくなって友人におごって食事に行ったり、遊んだりしている内にたった5000円の返済も苦しくなって
違う○○店のキャッシングに手を染めてしまいました。
気が付くと借り入れ額、300万円で返済は月9万円になってしまい返済をしては、また借り入れをしての繰り返しで
誰にもこんな事、言えずに数年返済をしていましたが、等々どこもお金を貸してもらえるところが無くなり返済がストップしてしまいました。
こうなると○○店各社からTELが掛かってきました。
自分でもうダメだと思い、親に相談し最終「自己破産」となりました。
自分で所有する物、車・パソコン・TV等殆ど持っていかれました。
みなんさんも、よ〜く考えてキャッシングしてくださいね。

 

自己は産後の生活【体験談】

実際に自己破産したのは、今の彼になります。時期はだいたい10年ほど前。
当時彼は別の方と家庭を持っていました。まだ若かった彼は車の改造にお金をかけ、約200万ほどのローンを組んでいたそうです。前の奥さんもそのことを承知で結婚されたはずでした。
ところが、2人の留守中、新居へ奥さんのお母さんが来られた時のことです。彼宛の「親展」と書かれた返済を促す請求書を勝手に開けてしまったそうです。彼の前妻の両親は借金があることを聞かされていなかったらしく、性格的にそのことが許せなかったみたいで結局、離婚させられたそうです。
詳しくはわからないのですが、その際になぜか彼のお父さんの車のローンなど、意味の分からない借金を1人背負わされて自己破産したそうです。

 

私が彼と出会ったのは、彼が離婚してから4年が過ぎた頃でした。
今は一緒に暮らしていて、互いの両親も公認です。
2年前に車を買う事になったのですが、自己破産の影響でローンが組めない。
車は結局、私の名義でローンを組んだのですが、購入の際にディーラーさんにはっきりと「自己破産しているので、多分ローンが組めないと思います。なので、私の名義でお願いします。」と伝えた記憶があります。ディーラーさんは「先に言ってもらえるほうが対応しやすいので助かります。」とおっしゃってくれました。

 

いろいろ調べましたが、自己破産すると年月が経ってもローンが組めるようになるとは限らないそうです。逆に自己破産から7年後にローンが組めた方もいらっしゃるようですが、審査をしてもらって1度Noとなると次もなかなか難しいという話を聞きます。

 

自己破産した当時のことは話でしか聞いていないので、自己破産が正しいのか正しくないのかはわかりませんが、1つだけ言えることは自己破産は信頼を失う行為であり、将来を見据えた場合、かなりのネックになってくるということです。

 

 

悪質な金融業者から毎日のように「融資します」というハガキが届く

私が経験した自己破産について書きます。
私は20歳頃から何かしらの借金をしてました。
理由はあえて控えたいと思います。
借金と返済を繰り返しながらの毎日を生活する中で結婚もしましたが、結果的には結婚生活は長続きしませんでした。
独り身になって男顔負けの仕事をしてましたが、生活が苦しかったのは変わりありませんでした。
私が自己破産を決意したのは今から約11年位前です。
周囲の勧めと毎日の苦しい生活から抜け出したかったからです。
当時は電気代やガス代が払えずしばしば止まったりしてました。
自己破産するには借金の金額は300万円以上ないと出来ません。
弁護士先生に相談をして借金を作った経緯を包み隠さず話しをしました。
2〜3回担当の弁護士先生の事務所に行きました。
そして裁判所で弁護士の先生と一緒に判決を聞きました。
後日、自己破産の免責を認めて頂きました。
今は自己破産しても選挙の投票にも行けますし、新たに貯金をすることも可能になります。ですが、デメリットもあります。
自己破産すると官報という物に記載されたりするので、それを見た悪質な金融業者から毎日のように「融資します」というハガキが届くようになります。
その届いたハガキの誘惑に勝つか負けるかは本人次第だと思います。

自己破産はメリットもあればデメリットもあるということをこの記事を読んで少しでも分かって頂けたらと思います。

 

 

 

※自己破産については以下のところでも相談できます
参考:公益財団法人日本クレジットカウンセリング協会(JCCO)

ホーム RSS購読 サイトマップ