自己破産の費用や手続きについて徹底解説

自己破産にかかる費用

自己破産にかかる費用 ※安い事務所はこちら

自己破産にかかる費用

自己破産したいけど、費用が気になる。

 

自己破産するにはいくらかかるの?

 

という方も多いことでしょう。

 

自己破産しようと決めた後、真っ先に気になるのは費用のことでしょう。

 

一般的に、自己破産をするときは、弁護士(法律事務所)か司法書士(司法書士事務所・法務事務所)に手続きを依頼します。
当然、費用がかかります。

 

私の親は自己破産しましたが、その際、費用を工面するのにかなり苦労したようです。
親戚中から借りたそうです。
借金が返済できないから自己破産するのに、その自己破産のためにまた借金をしなければならない。
なんだか変ですよね。
ま、仕方がないのですが。

 

自己破産するにはどのような費用がかかるのか?

自己破産には以下のような費用がかかります。

  • 弁護士や司法書士の報酬
  • 印紙代
  • 郵券代
  • 予納金

 

自己破産にかかる費用 弁護士や司法書士の報酬

先にも述べましたが、自己破産をするときは弁護士(法律事務所)か司法書士(司法書士事務所・法務事務所)に手続きを依頼します。
その際、費用がかかります。
報酬です。
この金額は事務所によってことなります。高いところもあれば、安いところもあります。
相場は25〜40万円。
だと思います。
けっこうな金額です。

 

自己破産にかかる費用 印紙代

破産申し立てに必要な印紙代です。
1500円です。
これくらいは用意できると思います。

 

 

自己破産にかかる費用 まとめ

弁護士や司法書士の報酬、印紙代、郵券代、予納金がかかる
弁護士報酬・司法書士報酬の相場は25〜40万円

 

 

自己破産にかかる費用についての知識

自己破産で借金を帳消しにするにはそれなりの費用がかかります。弁護士事務所によって考え方が違います。そして、皆様がお金を借りた相手が一体何社であるかも費用に関わってきます。相場を申し上げますと安くて20万程、そして高いと40、50万は行くでしょうか。お金に困っているのにお金が要るというのは本末転倒のように見えますが弁護士も仕事をしていますので正当な報酬です。
たまに弁護士費用を値切る方がいます。そして、応じないと罵詈雑言をばらまくということもあるようです。インターネット社会の弊害です。これをして皆様だとわかった場合は名誉毀損として訴えられます。報酬を値切るということは貴方の仕事にはそれだけの価値しかないというようなものです。文句があればよそにどうぞというふうになるのが落ちです。分割払いに応じてくれるところも多いのでまずは無料相談を試しましょう。自己破産の他に、打つ手があるかもしれません。着手金や成功報酬の額も法律事務所によって大きく違います。
もし費用が支払えない場合は日本司法センターに相談してみましょう。通称法テラスです。全国に相談窓口を構えています。本当に必要な場合は、自己破産のための弁護士費用を立て替えてくれます。病気などで止むを得ない事情が有って生活保護を受けた場合は減免措置もありますので、条件を確認しておきましょう。借金がまたできると悩む方も多いようですが数百万の負債を抱えて督促に追われるのと分割して少しずつ費用を返すのとどちらが楽かは自明の理です。

ホーム RSS購読 サイトマップ