自己破産か任意整理か?

自己破産か任意整理か?

自己破産か任意整理か?

借金の返済が困難になった、というと、多くの人は自己破産を思い浮かべます。
しかし、債務整理は自己破産だけではありません。
任意整理、個人再生、特定調停もあります。
とくに残したい財産がなければ、自己破産か任意整理で進めていきます。

 

自己破産と任意整理のどちらにするかは、債務整理に強い弁護士や司法書士に見極めてもらうことが重要です。
自己破産するつもりで弁護士のところへ相談に行ったが、任意整理を進められた、ということもよくあるそうです。

 

返済能力があれば、任意整理を進められます。
自己破産に比べ、手続きが簡単で、解決(任意整理では債権者との和解)までが早いからです。
最初の相談から3カ月くらいで和解することも珍しくありません。

 

3年以内また5年以内で、残っている借金(将来的な利息なし)を完済できるか。

 

これで見極められます。
これが可能であれば、返済能力があると判断してよいでしょう。

 

例)
残っている借金が200万円の場合

 

200万円 ÷ 60カ月(5年) = 約3万3333円

 

月々3万3333円を5年間、返済できるのであれば、任意整理を勧められるでしょう。

 

「このくらいなら払っていける」と思った方も多いことでしょう。
しかし、このほか、任意整理の費用を分割にしてもらった場合は、その分も払わなければなりません。

 

私の親は返済能力がなかったので自己破産で借金を整理しましたが、私は返済能力があったので任意整理で借金を整理しました。

 

【基礎知識】自己破産と任意整理

借金、債務返済ができないという時にいきなり自己破産をするのは、早計としか言いようがありません。自己破産は法的手続きですが、その前に弁護士や司法書士等法律の専門家が皆様の債務を減らせないか貸した側に相談することもできます。任意整理といいます。
あくまで、民事扱いなので、相手が必ず応じるかはわかりませんが借金の減額は可能なことがあります。信用情報の傷も自己破産が7、10年であるのに対し、任意整理は5年ほどで済みます。5年ほどでまた新しいローンが組めるわけです。それが皆様にとっていいことかどうかはわかりませんが、また資金繰りに困るということがないようにしましょう。
クレジットカードの督促現場にいましたが、企業サイドから申し上げますと債務の額によっては任意整理に応じることの方が却下することより多いのです。なぜかというと、債務者に逃げられるより減額したほうがマシだからです。督促サイドも人件費がかかります。その費用分は交渉で差し引くことも多いです。少しでもお金を回収してほかの確実に回収できる債権へ督促の力を入れた方がメリットが多いのです。
ですが、逃げようとしたり、いきなり司法書士や弁護士を呼んできた場合、返済の意志なしということで、態度が硬化することがあります。やはり自己破産等のお金を返さないということは契約違反、無責任と取られますので、最初から借金をなんとか少なくしようとするのではなく貸主に相談したほうが信用情報に傷がつかないこともあります。

 

任意整理にかかる費用

自己破産ではなく任意整理にしたいが費用はいくらかかるのか?

 

  • 相談料いくら
  • 着手金いくら
  • 成功報酬いくら
  • 減額報酬いくら
  • 通信費いくら
  • 印紙代いくら

 

で費用の総額が決まります。
詳しくはこのページの↓

 

 

借金の返済が困難になると、すぐに「自己破産」を思い浮かべる人が多いようです。
たしかに、自己破産は借金の返済が困難になっととき、借金を整理する手続き(債務整理)の一つです。

 

しかし、債務整理は自己破産だけではありません。
任意整理、個人再生、特定調停もあります。

 

一般的には、自己破産か任意整理で借金を整理します。
返済能力がなければ自己破産、返済能力があれば任意整理です。
どちらにするかは、弁護士や司法書士に見極めてもらったほうがよいでしょう。

 

自己破産にはデメリットが多いので、少し無理してでも任意整理で進める人も多いようです。
私もそうでした。

 

任意整理にかかる費用はいくら?

任意整理の手続きを法律事務所・法務事務所に依頼すると費用がかかります。
事務所によって名目が若干ことなりますが、だいたい以下のとおりです。

  • 相談料
  • 着手金
  • 成功報酬い
  • 減額報酬い
  • 通信費
  • 印紙代

 

任意整理の相談料

任意整理にかぎらず債務整理をする場合、まずは相談をします。
その際、相談料がかかります。
弁護士の場合、30分5000円。
ただし、債務整理に力を入れている事務所は「相談料なし」のところが多いようです。
当サイトで紹介している事務所も相談料がかかりません。

 

任意整理に強い法律事務所

任意整理は裁判所を通さずに債権者(貸金業者)と交渉し、残っている借金の支払い条件を決めます。
当然、交渉の実績、交渉のスキル、貸金業者の情報力が決め手になります。

 

任意整理 オススメの法律事務所・司法書士事務所

 

 

 

任意整理の体験談

私は2013年から借金の返済が困難になり、2014年に任意整理をしました。

 

はじめは自己破産で、と思っていたのですが、残っている借金を返済できるだけの能力がありそうなので、任意整理になりました。

 

ネットで債務整理に強そうな事務所を探し、電話をかけました。
かなり緊張していたので、聞かれたことに対してうまく答えられないことがありました。
電話の最後に、面談の日時を決めました。

 

司法書士との面談ではかなり緊張しました。
借金の状況、収入、支出など聞かれ、「任意整理でいきましょう」というようなことをいわれました(緊張していたのと、当時、精神的に参っていたこともあり、よく覚えていませんが)。

 

「費用は分割でもいい」といわれたので、即決。
任意整理の手続きを依頼しました。

 

債権者との交渉もはほぼスムーズに進んだようで、あっさりと和解。
すべての債権者で、「残っている借金を5年間で返済。金利なし」という条件で和解しました。

 

債務整理というと、なんだか「おおごと」のように思っていましたが、実際にやってみると、それほどのことでもありませんでした。

 

任意整理から約1年半が経ちましたが、なんと、貯金が160万円もできました。

ホーム RSS購読 サイトマップ