自己破産の費用や手続きについて徹底解説

自己破産の費用や手続き|費用が安い事務所

自己破産の費用や手続きについて徹底解説

自己破産の費用や手続き

自己破産をしたいけど、費用がいくらかかるのか。

 

自己破産したいけど、どのような手続きをすればよいのか。

 

という方も多いことでしょう。

 

借金の返済が困難になったとき、「自己破産」という言葉が頭の中に浮かびます。

 

自己破産をすれば、借金がなくなる。

 

ということを知っている方は多いと思います。借金をしていない人でも、知っている方はたくさんいます。

 

しかし、費用はいくらかかるのかどのような手続きをすればよいのか、ということまで知っている方は少ないと思います。

 

一般的に、自己破産をするときは、弁護士か司法書士に手続きを依頼します。
当然、費用がかかります。

 

  • 成功報酬
  • 印紙代
  • 郵券代
  • 予納金

 

 

自己破産の司法書士・弁護士選び

私なりに、自己破産を依頼する司法書士・弁護士の選び方についてまとめました。

 

自己破産を依頼する司法書士・弁護士の条件
  • 債務整理に強い
  • 費用が相場よりも高くない

この2つの条件は満たしていることが重要です。
どちらか一方ではダメ。必ず両方とも満たしていること。
そういった事務所を探してください。

 

【司法書士・弁護士選びの条件1】債務整理に強い

司法書士・弁護士なら必ず債務整理に強いというわけではありません。司法書士・弁護士にはそれぞれ得意な案件があります。債務整理をあまり得意としていない司法書士・弁護士もいるわけです。
自己破産手続きの依頼をするときは必ず債務整理に強い司法書士・弁護士を選びましょう。

 

【司法書士・弁護士選びの条件2】費用が相場よりも高くない

自己破産にかかる費用は、司法書士・弁護士によってちがいます。高いところもあれば、安いところもあります。

 

 

 

 

自己破産とは?

裁判所を通して借金を整理する手続き。すべての借金(債務)を免除してもらいます。
裁判所で「返済(支払い)不可能」と認められると、免責(めんせき)が許可されます。
すべての債務を支払う必要がなくなります。

 

借金がなくなるという大きなメリットがありますが、財産を処分されることになります。
たとえば、持ち家、車などは処分されます。
換金され、債権者(貸し手・借入先)に配当されるわけです。
ちなみに、20万円以下の預貯金などは残すことができます。

 

自己破産は借金をチャラにする制度

自己破産は簡単に言えば借金をチャラにする制度です。
しかし借金がただなくなるだけなんていう都合の良い事はやはりありません。
自己破産にも色々と決まりなどがあります。
まず前回の自己破産から7年を経過していないと自己破産はできないという事です。
逆に言えば7年を経過していればなんどでも自己破産を出来るという事になりますが、
やはり一度失敗したらもうリスクのある事はやめて借金を作るのはやめた方がいいでしょう。
また、自己破産をすると当然と言えば当然ですが財産は全て没収されます。
自分でお金をどこかに隠していながら自己破産をするというのはもちろん犯罪行為となります。
自己破産して没収された財産は少しでも返済の足しにされます。
事実上家などもほとんどの場合没収される事になるので自己破産をするとアパート住まいになることはほとんど確定です。
まず当面は生活保護などを受けながら仕事を探すことになります。
もちろん仕事をしてそれなりの収入を得られるようになればまた新しい家を自分で購入することも可能です。
自己破産は抜け目無く色々な事が決められています。
変な使い方はしない方がいいです。
ただ本当に困ってもう自殺するしかないなどの場合になった時に国は自分を守ってくれるという事です。

 

 

自己破産とは何でしょうか。自己破産とはお金を借りすぎてしまい、借金を返すことが出来なくなる場合も少なくないようで、身辺や周辺から債務整理をしても借金を返済できない場合は自己破産をすることになります。自己破産とは裁判所に申しでて自分が生活するための最低限度の財産以外の財産を提供する代わりに借金を免除してもらう手続きのことを言い、一般に自己破産してしまった人はなかなか元の生活には戻れません。
では、自己破産にはメリットやデメリットはあるのでしょうか。ここで自己破産について紹介します。
自己破産にはデメリットだけではなくいくつかのメリットもあります。
まずは、先程にも述べたように裁判所との手続きをすると借金は免除することが可能です。そして自己破産の手続きは客観的な見方で借金の返済が困難な人は誰でも自己破産の手続きを行うことが可能です。そして裁判所に申請し借金が免除された後は資金業者からの取立ては止まります。
これだけを聞くとメリットも大きいように思えますが、デメリットも大変多いです。
自己破産をするとまずは信用情報のブラックリストに載ります。10年以内には新たな借り入れやカード作成が不可能になります。
また、個人の財産が処分される場合などがあります。他にも職業制限や官報記載など多くのデメリットがあります。

 

 

生活していく上で、クレジットカードを使ったり、一定の借り入れをするのは、通所の経済行為で、誰しも経験していることだと思います。
当然ながら、毎月一定額の返済をしていくことが求められます。
普通の生活をしていれば、この返済が滞ることはまずないと思いますが、人生には不測の事態が起こります。
突然会社が倒産したり、高額の医療費がかかる病気になったり、リストラされて再就職が困難になったり、想定外のことは起こるものです。
すると普通に支払いできていた債権が支払えなくなることがあります。
支払いをする為に新たな借金をしたりすると、更なる悪循環に陥り、債権額がどんどん増える結果になってしまいます。
そのうちに支払いが滞る様になり、債権者から督促状は電話がかかる様になり、日々の生活に怯える暮らしになってしまいます。
こうなると、悪循環のサイクルは止めることもできず、毎日生きているのが嫌になってしまうでしょう。
そんな人を救済する方策が自己破産なんです。
弁護士を通じて裁判所に申し立てをして、認められると今までの債権金額の全てが消滅する手続きです。
借金がゼロになってしまいます。
弁護士さんに依頼するとすぐに受任通知という手紙が債権者に送られて、その瞬間から債権者からの督促が止まります。
こうして、平穏な生活ができる状態にして、悪意や不法行為がなければ、裁判所が自己破産を宣告し、借金がゼロになるのです。
人生には不測の事態はつきものです。
特にお金のことになると、如何ともしがたくなります。
そんな人達を救済する国の仕組みが自己破産です。

 

 

 

自己破産のメリット・デメリットを理解しておく

自己破産にはメリット・デメリットがあります。
自己破産を依頼する前に、メリットとデメリットをよく理解しておきましょう。

 

自己破産のメリット

  • 借金がすべてなくなる(債務の支払い義務がなくなる)
  • 給料の差し押さえなどがなくなる
  • わずかですが財産を残すことが出来る

 

自己破産のデメリット

  • ブラックリストにのる(新たな借り入れができなくなる)
  • 住所・氏名が官報に載る
  • 面積決定までの間、職業が制限される

 

 

自己破産をすると、官報に載るデメリットがあります。
官報とは、政府(国)の機関紙です。
これに、住所と氏名が掲載されます。
「自己破産したことが公になる」といってもよいでしょう。知人が見れば、自己破産したことがバレてしまいます。大きなリスクです。
しかし、今までに官報をじっくり読んだ(見た)ことがありますか?
ほとんどの人は官報など読んだことがないはずです。
知人にバレてしまうリスクはありますが、あまり気にしなくてもよいでしょう。
ただし、官報をしっかりと見て、自己破産した人をチャックしている人たちがいます。
それは闇金です。
なので、その点は注意が必要です。

 

意外とみんなが誤解している自己破産について

みなさんは自己破産という言葉を聞くとマイナスなイメージに加えて社会的にどうしようもなくなると思っているのではないでしょうか?
もちろん財産を手放す必要などはありますが任意整理や民事再生を行なっても返せない量の借金からは逃れることができます。

 

では、実際に自己破産をするとどんなことがあるのでしょう?
選挙権がなくなる、戸籍に傷がつく、年金がもらえない、会社をクビになる…こんなようなことが書かれているのを見たことがありますがこれらはすべてウソです。
自己破産をするというのは多重債務に陥った人々を救うために日本が用意した救済手段であって多重債務者の人権を剥奪するものではありません。
必要最低限生活に必要なことはちゃんと保護されています。また、これも誤解されていることですが、自己破産後に財産を持つことができないということもありません。
自己破産手続きをした時点で保有している財産は処分しなければなりませんが手続き後に獲得した財産については完全に自由に使うことができるのです。

 

ただし、自己破産手続きによって生じるデメリットも理解して置かなければなりません。
まず、信用情報機関に掲載されますのでクレジットカード等が新たに作れなくなります。
そして、弁護士、司法書士、税理士などの資格や会社役員の資格は破産者の欠格要件に当てはまることになってしまうので資格を失うことになってしまいます。
ただし、これも永遠にこの食に戻れないわけではありません。

 

多重債務に悩んでいる方は弁護士などに相談して自己破産に誤解のない説明を受けるのをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

自己破産に強い法律事務所・法務事務所

自己破産の手続きを依頼するのは法律事務所や法務事務所ならどこでもよい、というわけではありません。

 

自己破産に強い法律事務所・法務事務所に依頼するべきです。

 

法律事務所や法務事務所はそれぞれ得意な案件があります。
なかには、債務整理の実績が乏しい事務所もあります。
そういったところに依頼すると、事がスムーズに進まないこともあります。

 

自己破産の場合、過払い金請求や任意整理のように交渉をする必要はないでしょう。
しかし、■

 

債務整理の実績が豊富で、自己破産に強い法律事務所・法務事務所に依頼しましょう。
※勿論、「費用があまり高くない」という条件も重要です

 

 

自己破産 オススメの法律事務所・法務事務所

 

 

 

自己破産の費用が安い法務事務所

自己破産の費用が安い法務事務所はないか?

 

別なページで述べたとおり、自己破産にかかる費用は高額です。
法務事務所や法律事務所に自己破産手続きを依頼すると、数十万円もの報酬がかかります。

 

私の父親は自己破産しましたが、その際、弁護士の報酬を工面するのに苦労したそうです。
親戚中をまわって少しずつ借りて集めたようです。

 

当然、自己破産の費用は少しでも安いほうがよいわけです。

 

私がオススメするのは、●○●法務事務所です。
ここは債務整理を得意としています。
電話での無料相談ができるので、その際、費用についてもいろいろと相談しましょう。

 

 

自己破産以外の債務整理について理解しておく

借金の返済が困難になると、自己破産を検討する方が多いようです。たしかに、自己破産は借金問題を解決する方法です。
しかし、それは手段の一つにすぎません。
じつは、借金問題を解決する方法である債務整理は、自己破産だけではありません。
任意整理、個人再生、特定調停があります。
どの方法がよいかは、人によってことなります。人それぞれ、借金の状況がことなるからです。たとえば、借金が200万円の人と1億円の人では状況が違います。マイホームがある人とない人では状況が違います。保証人がいる人といない人では状況が違います。このように、それぞれ置かれている状況がことなるので、その状況に合った債務整理の方法を選ぶ必要があります。自己破産にこだわらず、まずはどんな債務整理があるのかを「債務整理|借金をもう返せないという人へ」で把握してみてください。こちらも私が運営しているサイトです。「自己破産ではなく、任意整理のほうが合っている」という人もいることでしょう。自己破産で進めるにしても、他の債務整理について理解しておいたほうがよいと思います。

 

 

闇金の借金は自己破産でなくなる?

闇金からの借金がある方も多いことでしょう。

 

闇金の借金は自己破産でなくなるのか?

 

答えを先に述べると、なくなりません。

 

闇金は非合法で経営しています。
自己破産しても、闇金側は「債務の返済義務がなくなった」とは思わないでしょう。
自己破産後もしっかりと取り立てようとします。
返済が滞れば、嫌がらせをしてくることでしょう。

 

では、闇金からの借金がある場合はどうすればよいのでしょうか?

 

自己破産の手続きとは別に闇金の借金を整理しましょう。闇金問題に詳しい司法書士の闇金相談所で相談し、闇金と交渉して借金をなくしてもらいます。闇金の出方によって和解の条件が違ってきますが、すでに元金以上の利息を払っているのであれば、闇金側に1円も払うことなく、借金をなくすことも可能です。
まずは、無料の闇金相談所で相談してみてください。

 

 

整理屋などの詐欺に注意

お金のことになると人間は冷静さを失います。自己破産寸前の方は詐欺師にとって鴨がネギをしょってすたすたと歩くように見えています。あとは事実無根の負債をでっち上げる詐欺です。架空請求もそうです。クリックしたらおしまいです。莫大なお金を請求してきます。そこで困っていますと出てくるのが自己破産や示談を持ちかけてくる弁護士です。整理屋と言って、犯罪者とグルになってあくどいことをする者がいます。
そういうものが来た時は、慌ててはいけません。以前その手の電話か嫌がらせの電話が当家に来ました。学校の名簿が流れたのです。怯えて着信履歴を消す父を押しとどめて証拠保全をしました。そこでその番号で詐欺がないか、検索しました。あたりで他の報告例が出ていました。
少し犯罪心理学を学びましたのでごく普通の自己破産の弁護士と詐欺師の違いを少し書きましょう。詐欺師は皆様にいいことしか言いません。声のトーンも高く口を挟む暇も与えません。普通士業は顧客のニーズを汲み取るために話を聞きます。また弁護士の方から話が来ることがありません。
何回かかけてくる輩やはがきを何度もよこす輩も識別する方法があります。どんなに口調を変えても息継ぎのタイミングやトーンは変化させられません。「録音しておりますがよろしいですか」「知人にあなたと同じ弁護士会の方がいますので、相談してみましょうか」「なんでしたら詐欺罪と恐喝罪で裁判所に行きますか。融資の記録は全てございますが」というと動揺して逃げることもあります。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ